安らかなる最後の終焉土地|お墓ブランニューデイ

業者をスムーズに利用するため運輸業について知る

お墓を建てる

お墓を建てるという文化は、実は宗教によるものではなく民族的な習慣であると言われています。現代のようなお墓を建てるようになったのは江戸時代の中期頃とされており、当時は権力者など一部がお墓を建てていました。庶民は墓石ではなく木を建てたり石を積んでお墓としていました。当時、お墓はその家族や一族のシンボルとなっており、親戚同士・一族でお墓を守るという意識がありました。 日本が戦後の高度成長期を迎えると霊園など墓地が整備されるようになり現代のような墓石を使用したお墓が作られるようになりました。それに伴い、以前のような意識は変化し、一族のものから家族のものへと変わってきています。最近では個人やペットの墓も作られるようになっています。

以前はお墓の近くに親戚が住んでいることが多く、親戚や家族一同でその墓を守るのが一般的でしたが最近では核家族化が進んでおり、家族が引越しなどでバラバラに住んでいる家庭が多くなっています。そのため、墓の引越しを行うことが増えているようです。子供が両親の墓を自分の住む地域に引越しさせる人も多いようです。また自分の墓にこだわる人も増えており、古い共同墓地ではなく新しく建設される清潔感のある見晴らしの良い霊園が多くなってきていることで、先祖代々の墓ごと霊園へ引越しさせる高齢者も多くなっているといいます。 今後は終活などで自分の最期を自分で決めることが当たり前となってきているので、お墓についても暗く重いイメージから明るく美しいイメージへと変わっていくと予想されます。

  • 遺品整理を行う

    遺品整理を扱う専門業者が増えています。これは遺品を整理することができない、という遺族の悩みを解決するためです。利用する際は優良業者であるかどうかをしっかりと見極めましょう。

    詳しく読む

  • 引っ越し準備

    引っ越しやお墓参り、遺品整理などは業者に依頼すると、よりスムーズに行うことができます。すべて自分でやると考えずに、積極的に業者を利用し、より楽に行うようにしましょう。

    詳しく読む